在宅医療薬剤師

在宅医療の担い手地域の薬剤師

在宅医療の担い手地域の薬剤師

薬剤師在宅訪問

在宅医療の担い手として期待されている地域の薬剤師は、在宅医療で何をするのかという話があります。一番大きな仕事は患者とのコミュニケーションの中で、薬の効果がどうなのかの確認やあるいは他の薬と飲み合わせがどうか、決められた時間に薬を飲んでいるかどうか飲み忘れがないかどうかといった仕事になります。

 

患者との話の中でしっかりと患者側から情報を聞き出せるように、一定の知識が求められるのはもちろんのこと、聞き上手でなければならないというわけです。
この仕事は、介護保険制度と公的医療保険制度の両方で存在していて、居宅療養管理指導というサービスになります。

 

介護保険制度では医療機関及び薬剤師がいる処方箋を受け付けることができる薬局でこの事業の指定が受けられるものになっています。薬剤師は、医薬分業の流れの中で医療機関とまずは薬局の仕事が分けられました。

 

この次には医療が入院から在宅へとシフトしてきています。つまり薬剤師も薬局だけではなく、在宅での患者のフォローの仕事が生まれてきている状況にあるということになります。

 

つまり、在宅医療が進めば進むほど、薬剤師も居宅療養管理指導などにより地域医療での活躍を期待されてきているという話になります。

関連ページ

薬剤師会の果たしている役割について
薬剤師会の果たしている役割について記載しています。各都道府県には薬剤師会があります。薬剤師会では最新の薬剤師の方に役立つ情報等を入手できたりします。
転職のための薬剤師求人情報
転職のための薬剤師求人情報では、待遇面に不満があり転職したい方の為の薬剤師求人情報について記載しています。
薬剤師の仕事の悩みや待遇
薬剤師の仕事の悩みや待遇では、女性男性に限らず人気の薬剤師の方の仕事の悩みや待遇についてピックアップしています。
病院で仕事をする薬剤師の労働条件
病院で仕事をする薬剤師の労働条件では、実際に病院で仕事をしている薬剤師の環境や給与、労働条件を示しています。
薬剤師の資格はとても便利
薬剤師の資格はとても便利です。薬剤師の仕事は正社員はもちろん、パートやアルバイトでも働くことができます。子育て中の主婦の方で仕事をしたい時は、パートで働くこともできますし、本格的に仕事復帰したい時は正社員で働くことも可能です。

ホーム RSS購読 サイトマップ