薬剤師労働環境分析

薬剤師労働環境分析

薬剤師の仕事 労働環境分析

薬剤師の働き先:製薬メーカー(MR)の特徴

 

薬剤師MR

薬剤師の働く場として真っ先に思い浮かぶのは、普通は薬局や薬のチェーン店などです。こうした職場の具体的な仕事内容は主に販売です。しかもコンビニやスーパーなどのように単に販売するだけではなく、患者さんの体調に見合った調合をするという重い責任が伴います。

 

しかし、薬剤師求人にはこの他にもあります。そのひとつが製薬メーカーの求人です。製薬メーカーという名称から想像する仕事は薬の開発ですが、実はそれと同じくらい重要な仕事があります。それがMRといわれるものです。

 

MRを簡単に言ってしまいますと営業ですが、製薬メーカー(MR)の営業は一般の営業とは少し内容が異なります。その理由は、扱っているものが薬だからです。また直接接する人たちが医療の専門家ということもあります。ちなみにMRとはメディカル・リプレゼンタティブの頭文字をとったものです。

 

一昔前まではMRの仕事は医者の接待といわれていました。つまり、医者に自分たち製薬メーカーの薬を使ってもらうために接待が必要だったのです。しかし、そうした時代は既に過去のものとなり、現在は薬に関する情報を的確に提供することが求められています。

 

ですから、もちろんコミュニケーション力も必要ですが、それ以上に薬に関する知識が必要です。薬剤師はこうした仕事内容に適していますので求人が行われています。

 

 

薬剤師の働き先:医薬品卸の特徴

 

薬剤師は国家資格ですので薬剤師の資格を持っているだけで大きな武器になります。ですから普通の仕事などよりは優遇された条件で働くことができます。求人サイトや求人のフリーペーパーなどをみましてもそうしたことがわかります。

 

具体的な職場をあげるなら薬局やドラッグチェーンなどですが、これらの職場での仕事内容といいますと薬局では調剤ですが、ドラッグチェーンなどでも調剤のほかに薬剤師しか販売できない薬の販売があります。こうした仕事は普通の人でも見ることができますので知っている人が多いですが、それ以外にも職場はあります。

 

例えば、医薬品卸です。この仕事はいわゆる卸業ですが、医薬品という特殊な商品を扱っているのが特徴です。やはり医薬品という専門的な商品ですのできちんとした知識が必要です。そうした面で薬剤師の資格が役に立ちます。

 

薬剤師医療品卸メーカー

 

現在の医薬品卸業界の動向を紹介しますと、厳しい状態というのが正直なところです。このような状況になった一番の理由は1990年代の初頭に製薬メーカーが医療機関や薬局と価格交渉をすることを禁じられたことがあげられます。

 

こうした状況が卸業界が価格決定権を担うことになり、そうしたことが卸業者間による価格競争を招き、結果的に卸業界全体が利益を確保できない状況に陥ってしまいました。
今後はこれまでのようなどんぶり勘定ではなく、きちんとして経営能力が問われるようになります。

 

 

薬剤師の働き先:化学メーカーの特徴

 

薬剤師としての就職先の1つに化学メーカーがあります。求人情報を見るかぎり企業内の管理薬剤師としての採用が多いです。管理薬剤師とは薬剤師のうち薬事法に基づいて店舗または製造業で拠点毎に設置が義務付けられている責任者のことをいいます。 管理薬剤師は店舗等を管理監督し、兼任は禁じられています。

 

社内や店舗内では医薬品の製造や卸における品質検査、分析業務、信頼性保証業務、役所などに対する薬事許可申請などを主に業務内容として行うことが求められています。

 

薬剤師分析業務

 

各社に設置が義務付けられていることからも需要は多く、求人の数も比較的多いです。国家資格所持、専門職としての採用となりますので、年収も経験やスキルによりますが平均で400〜700万円と待遇も良いです。

 

また、採用されるメーカーによっては独自の薬品や特定の薬科のみ製造、使用していることもあるので、企業内で取り扱う製品や業務形態、異動や転勤といった就業環境を事前に確認しておくことが望ましいです。

 

薬局や病院内での薬剤師とはまた違った形で一般企業の中で様々な部門の方々と連携をとりながら自社製品の管理や流通のために必要とされる薬剤師としての働き方が、化学メーカーにはあるといえます。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ